RSS
ホーム > システム活用術 > ホームページ作成CMS WIELD > CMSと静的ホームページの違い

システム活用術

ホームページ作成CMS WIELD

CMSと静的ホームページの違い

ホームページを見ている人の立場からでは見ているホームページが静的なホームページなのかCMSで作成されたホームページなのかは専門的な知識がないと判別できません。つまり、訪問者にとっては静的なホームページだろうとCMSで作成されたホームページであろうと関係がありません。

CMSと静的ホームページの違いはどちらかというとホームページを作る側の人に関係することです。静的なホームページはWEBデザイナーが手作業でページ(HTMLファイル)を1つずつ作成したホームページを指します。見ているページと作成しているページ(HTMLファイル)は1対1の関係です。

一方CMSで作成されたホームページはホームページ配信する情報はすべてコンテンツデータベースと呼ばれる箱の中に格納されており、訪問者の要求に応じて自動的に見ているページを作成します。発信している情報は一元的に管理されています。
 

自分でホームページを管理するメリット

例えば、ホームページのタイトルを変更したいと考えた場合、30ページで構成される静的ホームページならば、30ページすべてのHTMLファイルの修正が必要になるのですが、CMSならばホームページのタイトルを管理している項目を1箇所変更するだけで、変更後はすべてのページで変更したタイトルで表示さ れるようになります。

更にページの文言を修正したい場合は、静的ホームページではHTMLファイルを変更し、WEBサーバーと呼ばれるホームページが動いているマシンに修正したHTMLファイルをアップロードする必要があります。この作業は手作業で行いますので、時間とコストが掛かります。一方、CMSは管理者サイトにログ インしてそのページの文言をインターネット上でキーボードを使って変更して保存すれば瞬時にホームページの内容が変更され、時間もコストもかかりません。

このようにCMSはホームページのコンテンツを管理するシステムなので、ホームページで情報を発信するために新しい情報を追加したり、既存の情報を修正したりと常に情報の鮮度を保つために非常に適したシステムだと言えます。

ホームページの価値は集客力できまります。集客できるホームページにするためにメニューを変えたり、表現方法を変えたり、言い回しを変えたりと試行錯誤を重ねながら集客できるホームページを作成してきます。その試行錯誤に適しているのは簡単にホームページを更新できるCMSだと考えています。

 

 

■このページを読まれた方は次にこのページを読まれています。

 →  CMS(WEBシステム)とデザイナーが作成するホームページ(静的ページ)の違いは?

 → 起業した方の低価格・自作ホームページ作成CMS WIELD(ウィールド)って?

 

Copyright(c) エスエイチラボ株式会社 All Rights Reserved.